LYRICS

パーソナルトレーニングを本格的に始めたい人へ

パーソナルトレーニングジムに夜通うメリットは?

パーソナルトレーニングジムは、一人のユーザーに一人のトレーナーが担当として付き、一対一の体制でトレーニングをサポートするジムです。専属トレーナーから様々なアドバイスやフォローを受けられるため効率的なトレーニングが期待できます。

パーソナルトレーニングジムを利用する場合、夜間の利用がおすすめです。夜間利用のメリットやパーソナルトレーニングジムの選び方などを詳しく解説します。

パーソナルトレーニングは月謝制はある?その特徴と料金体系について

パーソナルトレーニングジムとは?

パーソナルトレーニングジムは、通常のジムとは違い専属のトレーナーがトレーニングのサポート行うジムです。

1人のトレーナーが複数のユーザーのサポートを行う1対多数のトレーニングサポートではなく、1人のトレーナーが1人のユーザーにつく1対1のトレーニングサポートです。

専属のトレーナーがトレーニングの管理などを行うため、効率の良いトレーニングが期待できます。1人1人に合わせたトレーニングメニューを構築し、体調や進行具合に合わせて調整します。パーソナルトレーニングジムは自己管理が難しい方やトレーニング方法がわからない方、短期間で効果を実感したい方に人気のシステムです。

パーソナルトレーナーは個人個人に合わせた最適なトレーニングを提案し、トレーニング中も事故やケガがないように指導を行います。プロのトレーナーは様々な専門知識と経験を持ち合わせているため、自己流でトレーニングを重ねていくよりも安全で効率的なトレーニングを受けることが可能です。

朝と夜の運動の違い

パーソナルトレーニングジムに通う場合には、いつトレーニングを行うかというスケジュールや時間帯もよく検討しましょう。実は運動の効果は朝と夜では異なります。ジムの利用方法は出勤前に通ったり、仕事終わりにジムに立ち寄ったり人それぞれですが、時間帯による効果の違いも考慮するのがベストです。

朝の運動は夜と比較すると、脂肪の燃焼率が高いという特徴を持っています。消費カロリーも高いためダイエットに適した時間帯ということになります。ただし、朝の運動は過度な運動にならないようにコントロールする必要があります。

朝のトレーニングで張り切りすぎると、日中に疲労感を感じて仕事などに支障が出てしまいます。寝起きで頭や体が覚醒していない状態でトレーニングを行うと、思わぬケガをすることもあるため注意が必要です。最初は、あくまで心と体のウォーミングアップ程度にとどめ、早朝のトレーニングに体が慣れてきたところで、トレーナーの指導のもとトレーニングの量を増やしていくという形になります。

朝の運動で注意したいのが、トレーニング後に強い空腹を感じて食べ過ぎてしまうことです。これではトレーニングの意味がありません。栄養不足を防ぐためにも空腹を避けてトレーニングを行いましょう。これに対し夜の運動は、筋肉を作りやすいという特徴を持っています。

人間は寝ている間に筋肉が生成されやすいという体の仕組みをしています。そのため就寝前の運動は、より筋肉を作るために適した時間帯だと言えます。筋肉量が増えれば基礎代謝が上昇し、消費カロリーの向上が望めるので太りにくい体を作りたい人に向いています。

パーソナルトレーニングジムに夜通うメリット

パーソナルトレーニングジムの夜間利用には、効果・コスト・時間の3つのメリットがあります。まず効果は前項で述べたように、夜の運動は筋肉を作り出すのに適しています。夜は副交感神経が活発になるため筋肉が作られやすい状態のため、筋肉をつけたい場合には夜のトレーニングが最適です。

筋肉量が増えると基礎代謝が向上し、脂肪がつきにくい理想的な体質になることができます。

体を引き締めて太りにくくなるためには夜のトレーニングがおすすめです。次にコストの面からみてもパーソナルトレーニングジムの夜間利用は、お得になるケースが多いです。平日の夜などにジムの利用を限定したプランは月会費が安くなるものあります。

ジムによっては夕方から深夜にかけての利用プランや、土日祝日だけの利用プランなどもあります。ジムの利用時間に制限があるプランは料金が安くなるので活用しましょう。最後は時間です。夜は自分の時間を自由にもてるという人が多いため、ジムの夜間利用は1日の時間を有効的に使うために最適です。

仕事が終わってからトレーニングをしたり、育児中の母親が子供が寝てからジムでトレーニングをしたりと、それぞれのライフペースに合わせてジムを利用することができます。夜間利用といってもジムに通うのに都合の良い時間は一人一人違います。

そのため24時間営業のジムが便利です。

パーソナルトレーニングジムに夜通うデメリット

パーソナルトレーニングジムに夜通う場合には、タイミング・疲労・睡眠の3つのポイントに注意する必要があります。まずジムでトレーニングするタイミングは、食事の直後や就寝前は最適とは言えません。夜間の利用なので夕食後に運動を行う人も多いのですが、食後の運動は消化に悪いので控えましょう。

食後1時間ほど経ってからのトレーニングが望ましいです。夕食を食べずに空腹でトレーニングを行うのも厳禁です。空腹状態でのトレーニングはめまいなどを起こす可能性があり危険です。夜にあまりハードなトレーニングを行うと、一晩では疲労が回復できずに翌日の活動に支障が出てしまいます。

夜のトレーニングは1日の終わりに行うため適切なトレーニングの調整が必要です。自分では客観的な判断が難しいため、トレーニング量の管理を行ってもらえるパーソナルトレーニングジムがおすすめです。また体を動かすと、心と体が覚醒するため就寝時間に近い場合には眠れなくなるというデメリットもあります。

トレーニングで体は疲れているのに目が冴えて眠れないというケースはよくあるので注意が必要です。運動によって体が軽い興奮状態にあるため夜眠れないという状況を引き起こしてしまいます。夜のトレーニングは就寝時間の2〜3時間前には切り上げるのがベストです。

運動後にすぐに眠れる人もいますので個人差がありますが、睡眠に影響が出ないように、トレーニングの終わりの時間と就寝する時間のバランスも考慮しましょう。

パーソナルトレーニングジムを選ぶポイントとは?

パーソナルトレーニングジムを選ぶさいには、料金や立地も気になるとは思いますが、トレーナーの質や相性で選ぶのがベストです。パーソナルトレーニングジムにおいて、トレーナーのレベルや相性は非常に重要です。ジムを見学してトレーニング施設を確認するのもおすすめですが、同時にトレーナーの指導力もどの程度のものかチェックしてみてください。

優秀なトレーナーであっても、自分に合わないと感じた場合には他のトレーナーか、別のジムを検討することも必要です。パーソナルトレーニングジムは一対一でトレーニングを進めていくため、トレーナーと二人三脚になる必要があります。

考え方が違ったり、お互い歩み寄れないような関係性ではトレーニングにストレスを感じてしまいます。トレーナーとの相性を重要視してパーソナルトレーニングジムを選ぶのが最適です。